アパート経営ナビ

-FPが経験に基づきアパート経営を解説-

ホーム > アパート経営ナビ > アパート経営の実践 > 空室が出たら管理会社に電話を入れる


アパート経営の実践
空室が出たら管理会社に電話を入れる


アパートの入居者は春先の引っ越しシーズンに限らず、年間を通して入れ替わります。
入居者がアパートを引き払うタイミングが悪い場合、数ヶ月間も空き室が続くことも珍しくありません。

アパートを管理会社に委託しているのであれば、空室が発生した場合、頻繁に状況を確認する電話を入れてください。
がみがみと怒鳴ったり起こる必要はありません。「空室、もう埋まりました?」と軽く質問するような感じで十分です。

何事も声の大きな方を、人間は優先しがちです。
毎週のように電話で確認をしてくる大家さんのアパートは、優先的に入居者を斡旋してくれるはずです。


更新日:2004-05-18

*
<<前のページ | 

1 2 




Copyright (C) 2006 D.D.Systems All rights reserved.
企画、作成、運営:D.D.Systems
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信・出版物への掲載等を禁じます