アパート経営ナビ

-FPが経験に基づきアパート経営を解説-

ホーム > アパート経営ナビ > リスクとその対策 > 金利上昇のリスク


リスクとその対策
金利上昇のリスク


金利の上昇のリスク
予め所有していた土地に、現金でアパートを建築した場合を除けば、借入金によりアパートの建築や土地の購入をします。
現在は歴史的な低金利ですが、この低金利がいつまでも続くとは限りません。金利が上昇した場合、支払利息も増えて、収益を圧迫します。

その対策
支払期間が長期となる場合、変動金利に比べると多少利率が高くなりますが固定金利を選択します。長期的に見た金利の上昇に対処するには有効な手段です。

頭金の金額を大きくしたり以下月の返済金額を大きくして、返済期間を短くして低金利の変動金利を利用することも選択肢です。
ただ、決して無理な返済金額としないことが条件です。


更新日:2004-05-18

*
<<前のページ | 次のページ >>

1 2 3 4 5 6 




Copyright (C) 2006 D.D.Systems All rights reserved.
企画、作成、運営:D.D.Systems
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信・出版物への掲載等を禁じます