アパート経営ナビ

-FPが経験に基づきアパート経営を解説-

ホーム > アパート経営ナビ > リスクとその対策 > 火災、自然災害、事故のリスク


リスクとその対策
火災、自然災害、事故のリスク


火災、自然災害、事故のリスク
火災、地震や台風などの自然災害による損害、自動車などの交通事故による損害、入居者の不注意による損害などがあります。

その対策
火災に対しては住宅火災保険で損害を補償することが出来ますが、台風などによる水害、事故などで受けた損害は補償されません。

台風による洪水の被害、駐車場に止めようとした入居者が、自動車のアクセルを誤って踏んでしまい壁の一部を破損する事故、風呂などに水を入れるため水道を流し放しにしたまま、うっかり外出してしまって部屋中が水浸しとなる事故が考えられます。

こうした事故に対しても補償してくれるのが火災保険の一種の住宅総合保険です。住宅総合保険は通常の火災保険に比べて保険料は高くなりますが、補償範囲が広く設定されています。

また、入居者が建物に対して損害を与えた場合を補償する保険に、火災保険に特約として着けることが出来る、借家人賠償責任担保特約があります。
最近では入居を斡旋する不動産屋さんが入居の条件として借家人賠償責任担保特約をつけた火災保険に加入している事を上げるようになっています。

地震についての対策を忘れがちですが、必ず火災保険に地震保険をつけて対応しましょう。


更新日:2004-05-18

*
<<前のページ | 次のページ >>

1 2 3 4 5 6 




Copyright (C) 2006 D.D.Systems All rights reserved.
企画、作成、運営:D.D.Systems
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信・出版物への掲載等を禁じます