アパート経営ナビ

-FPが経験に基づきアパート経営を解説-

ホーム > アパート経営ナビ > 収支計画の作成と融資 > 金融機関からの融資


収支計画の作成と融資
金融機関からの融資


アパート経営を使用という方で、必要な金額全額を現金で用意できる方は希でしょう。通常は金融機関から融資を受け、必要な資金を用意します。

すでにあるアパートの建て替えであれば、国民金融金庫からの融資を受けられる可能性が非常に高いです。民間の金融機関よりも有利な条件で融資を受けられる場合が多いです。

民間の金融機関には都銀、地銀、信託銀行、ノンバンクなど幾種類もあります。
収支計画や物件の情報等を用意して融資を打診してください。
融資を断られることもあると思いますが、くじけないことが大切です。

銀行は最近、リテール部門(個人向け融資)に力を入れているので、以前に比べると個人でも融資を受けやすくなりました。ただし、本当に緩やかなのは個人住宅に対してで、個人がアパートを購入することに対する融資の姿勢は銀行によってまちまちのようです。
ノンバンクは全般的に銀行に比べて金利が高めですが、融資の条件がその分だけ緩やかの様です。

融資そのものは物件ごとのケースバイケースなので、実際に金融機関と話をもたれて、各金融機関の条件を比較検討してください。

固定金利変動金利ですが、長期間のローンならば固定金利が有利です。5年から10年で返済のめどを立てているのでしたら変動金利が有利の場合が出てきます。
とりあえず、両方のデータを金融機関から提出してもらい、比較検討してください。

アパート経営は比較的リスクの少ない投資ですが、それを台無しにするような無理なローンを組むようなことをしてはいけません。


更新日:2004-05-18

*
<<前のページ | 

1 2 




Copyright (C) 2006 D.D.Systems All rights reserved.
企画、作成、運営:D.D.Systems
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信・出版物への掲載等を禁じます