アパート経営ナビ

-FPが経験に基づきアパート経営を解説-

ホーム > アパート経営ナビ > 目的を決めること > アパート経営の色々な目的


目的を決めること
アパート経営の色々な目的


私的年金としての活用
日本の平均寿命が飛躍的に延び、高齢化がすすみ定年退職後の長いセカンドライフを楽しむための資金や資産運用を、アパート経営から得られる収益でまかなうことが出来ます。

相続税対策
アパート経営には節税効果があります。現金を評価すると金額がそのまま評価額となりますが、土地や建物の評価額は実際の売買価格よりも低いことが多くあります。そのうえアパート経営は大抵は融資を受けて行いますので、保有資産から借入金が相殺されるという節税効果もあります。
このため、相続税対策の有効な手段の1つとしてアパート経営が選ばれています。

サラリーマンでもできる投資として
長引く不況の中、賃金は頭打ち、あるいは残業代や諸手当の削除などで減少しているという方も珍しくありません。そのうえ終身雇用制が崩れた今、リストラされたり会社が倒産したら翌日からの収入は即ゼロとなってしまします。
アパート経営はごく普通のサラリーマン、サラリーウーマンでもできます。頭金ゼロから始めるというのは無謀ですが、投資金額の一定割合の金額の蓄えがあれば、基本的な勉強をするだけで大家さんになることが出来ます。

土地資産の有効活用
これまで農地として保有していた土地が区画整理なので農地として所有しづらくなってしまうケースが増えています。更地としておいたり手っ取り早く駐車場とすると、固定資産税がとても高額となります。こうした場合、上ものであるアパートを建築すれば個性資産税を低く抑えられるだけでなく、家賃収入を得られるという二重のメリットがあります。

余剰資金の有効活用
宝くじに当たって当選金の使い道に困った、という方は少ないでしょうが、企業の経営者やスポーツ選手、美容師など高額な収入を得ている方が多数います。全てを消費に回せるわけではありませんので、ある程度まとまった資金が手元に残りますが、こうした余剰資金の有効な活用の手段の1つとしてアパート経営があります。

資産の分散化による安全性の確保
殆どの方は将来の公的年金制度に不安を持っています。
また金融機関への預貯金もペイオフ解禁により、1000万円超の金額に対しては保証が無くなり、低い金利でうまみがない上、元本の保証も無くなってしまいました。現在の預貯金はハイリスク、ローリターンと言うところでしょうか。
こうした現状では、資産を分散させる方法が有効です。一部を預貯金、一部を有価証券、一部をアパート経営にあてることで、インフレやデフレといった経済状況の変化による資産の目減りを最小限に食い止めることが出来ます。

実際には単一の目的と言うことは少なく、複合的な目的となります。でも特に重視したい目的があるはずです。
ご自分の目的で特に重要な目的は何かを把握してください。
ファイナンシャルプランナーからの意見として、目的が違えばファイナンシャルプラニングも大きく違ってきます。


更新日:2004-05-18

*
 | 

1 




Copyright (C) 2006 D.D.Systems All rights reserved.
企画、作成、運営:D.D.Systems
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信・出版物への掲載等を禁じます