アパート経営ナビ

-FPが経験に基づきアパート経営を解説-

ホーム > アパート経営ナビ > アパート経営のメリット > アパート経営の魅力


アパート経営のメリット
アパート経営の魅力


敷居の低さ
アパート経営は起業などと比べて、比較的少額の資金で始めることが出来ます。また、家賃収入という安定した収益が見込まれるので、土地、建物の資金を金融機関から融資を受けることが比較的容易と言うことがあります。

リスクが少ない
アパート経営のリスクは他の投資と比べると少ないと言えます。
また、潜在するリスクに対してのリスクヘッジも容易に行えます。
例えば火災に対する火災保険などがあります。

資産価値の減少幅が少ない
株式は投資した会社が破産すれば紙切れですが、土地やアパートは極端な資産価値の減少は、現在の経済状態と地価等を勘案すると起こる可能性は殆どありません。
その代わり、株式のように大幅な価値の上昇は期待できません。

相続税対策
改めて述べるまでもなく、アパート経営は相続税対策としてきわめて有効です。

ローンの返済のしやすさ
先に融資を受けやすいと述べましたが、融資(借入金)を受けても家賃という安定した収入があるので、無理な返済計画さえ立てなければ、返済は容易です。

維持管理の容易さ
アパートの維持管理専門の会社が多数あります。
入居者の斡旋から退去後のカギの交換、清掃、補修までを一貫して行ってもらえます。当然費用はかかりますが、家賃として得られる収益と比べたらわずかな金額といえます。

不動産価格の低迷
不動産価格がバブルの崩壊以降、低迷しています。特定の条件を満たした地域の地価こそ上昇に転じているものの、アパートを建築するような住宅地の地価は、多少上下動はあるものの低い価格で横ばい傾向となっています。
価格が低いと言うことは、購入がしやすいと言うことです。


更新日:2004-05-18

*
 | 

1 




Copyright (C) 2006 D.D.Systems All rights reserved.
企画、作成、運営:D.D.Systems
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信・出版物への掲載等を禁じます